障がい者雇用について

障がい者が自立した生活を送る為に、働くということは欠かせないことです。
彼らの生活を安定させる為には、長く勤めることが大切です。

しかし、障がい者ということで簡単な作業、安い賃金で働かされることが多く、これでは「やりがい」を感じられず、すぐに辞めてしまいます。仕事の楽しさを感じられなければ、誰だってその仕事を続けたいと思いません。

ATUホールディングスに勤める障がい者は、全員が正社員です。仕事の内容も、健常者となんら変わりありません。
健常者と同じ仕事をする事で、働く責任と、やりがいを感じ、仲間もでき、長い時間をかけて彼らは自立します。
とくに、お互いに助け合うことが大切で、出来ないことは出来る人がカバーすることが大切です。

「社員第一」。
社員の雇用を守り、心身を守り、暮らしを守ってこそ、社会に価値あるサービスを提供する会社になれる。
障がい者も健常者も皆が同じように自立した生活を送れるように、
ATUホールディングスは「社員第一」を掲げ、実践していきます。

代表取締役社長 岩崎 龍太郎 

まずはお気軽にお問い合わせください。